まさかな愛しき♡我が人生

人生はまさか!で溢れてる。 私がこれまで経験した、まさか!な出来事をまとめようとブログを始めました。 私のまさか!が、誰かの役に立ったらいいなと思います。

私が幼稚園の先生になるまで〜附属幼稚園への推薦〜

学生生活はあっという間で、気づけば就活の年になっていました。




その年になってすぐのこと。




奇跡のような出来事が起こりました。




大学の事務室に呼ばれた私は、大学附属の幼稚園の採用試験を受けてみないかと声をかけていただいたのです。




大学附属の幼稚園は、大学から推薦された人間にしか採用試験が受けられません。




しかも、大学からの推薦は、何百といる学生の中でわずか10名。




この10名に、私は選んでいただいたのです。




何より驚いたのは、その10名のメンバー。




名の知れた優等生ばかりでした。




この人たちに並んで推薦していただいただけで、もう十分とさえ思えました。




それと同時に、私の名前が上がった不自然さ。





メンバーの視線が痛かったです。。。





一気に噂は広まります。




直接、なんで?と言われたこともありました。




それもそのはず。




私自身が1番、なんで?なのですから。




私は、実習先の幼稚園の採用試験を受けるつもりだったので、この有り難いお話を辞退するつもりでいました。




ですが、相談した全ての人から、




受けてみるべき!





とアドバイスをもらったのです。





中でも私の心を動かしたのは、




実習先の幼稚園で、実際に欠員が出るかも分からない。

附属の幼稚園を受けても、どうせ採用されるはずがない!と思っているなら、面接の練習だと思って、採用試験を経験してきたらどうだ?



という、父の言葉でした。




たしかに。




採用試験の経験が出来る機会なんてそうありません。




その父の言葉に背中を押されるように。




私は附属幼稚園の採用試験を受けることにしたのです。